プラグイン

プラグインPSAutoSitemapの設定!「サイトマップ」のヘッダーメニュー設置方法も解説

PS Auto Sitemapは、ブログにたどり着いたユーザーのための「サイトのマップ」を作ってくれる便利なプラグインです。

記事が増えていったときに、この「サイトマップ」がないと、ユーザーはどこにどのようなページがあるのかがわからず、サイトの中で迷子になってしまうのです。

サイトマップは、あなたが自ら作ることもできますが、記事を書くたびに更新していくのは大変ですよね…。

そこで、必要になってくるのがサイトマップを自動で作成してくれるプラグインの「PS Auto Sitemap」です。

便利なPS Auto Sitemapの設定から固定ページで作る「サイトマップ」ページのヘッダーメニューへの設置までの手順を解説していきます。

ノコ
サイトマップは必要なページなので、すぐにプラグインの設定をすませよう。

2つのサイトマップとその違い

2つを比較する画像

いわゆる”サイトマップ”と呼ばれるものには、2つあります。

  • 検索エンジンに向けたサイトマップ(XMLサイトマップ)
  • ユーザーに向けたサイトマップ(HTMLサイトマップ)

この2つ。

「検索エンジンに向けたサイトマップ」は検索エンジン用のマップのことで、これを読み込んで検索エンジンはサイトを回ります。

そして、「ユーザーに向けたサイトマップ」は、サイトを訪れてくれたユーザーが「ブログの中のどこに探している記事があるかな?」と探すときに使うマップ。

あなたもネット上でよく目にしているのではないでしょうか?

こちらのブログのユーザーに向けたHLMTサイトマップはこのようになっています。

ノコブログのサイトマップ画面

ノコ
つまり、これを表示させるために、プラグインのPS Auto Sitemapをワードプレスにインストールして、設定していくということです。

PS Auto Sitemap設定の流れ

設置の流れ

プラグインPS Auto Sitemapの設定は、「設定」の画面だけで設定が終わるような他のプラグインと比べて少し複雑です。

PS Auto Sitemap設定の流れはこちら!

  1. PS Auto Sitemapをインストールする
  2. 「サイトマップ」というページを固定ページで作る
  3. PS Auto Sitemapの設定をする

このようなステップになります。

この設定が終わったら、最後にトップページのヘッダーメニュー(グローバルメニュー)に「サイトマップ」の設置もします。

サイトマップのヘッダーメニューの表示画面

ノコ
ヘッダーメニューに設置できるとこのようになるよ!
おぉ!なるほど~
ポンポコ

プラグインPS Auto Sitemapのインストール

まずは、プラグインPS Auto Sitemapをワードプレスにインストールします。

ワードプレス管理画面左「プラグイン」から「新規追加」をクリック。

プラグインの新規追加選択画面

「PS Auto Sitemap」を検索。

PSAUTOMAPインストール画面

拡大図

今すぐインストール後の有効化を説明する拡大画像 (PSAUTOMAP)

検索結果からPS Auto Sitemapを選び、「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

インストールしたプラグインPS Auto Sitemapは忘れずに「有効化」してください。

ノコ
有効化されていないと、設定できないので、設定に行く前に確認してくださいね。

プラグインのインストール方法の詳しい記事はこちら

>>> 初心者でも簡単!ワードプレスのプラグインのインストール方法!PCからのダウンロードの仕方も解説

固定ページ「サイトマップ」の作成

プラグインPS Auto Sitemapで、ユーザー向けのサイトマップを作るためには、まずはブログに「固定ページ」を作る必要があります。

固定ページは、ワードプレス管理画面左「固定ページ」から「新規追加」で新しく作ることができます。

固定ページ新規追加

「新規追加」をクリックして「新規固定ページを追加」の画面を表示させたら…

新規固定ページを追加画面

  • タイトル:「サイトマップ」などサイトマップとわかるタイトルを記入
  • パーマリンク:site-mapなどサイトマップをわかるように記入
  • 本文:PS Auto Sitemapの表示コードをテキストの方に記入

この3か所を記入して、「投稿」をクリックします。

サイトマップの固定ページ作成時の編集画面の全体図2

それぞれの拡大図

サイトマップ作成時の固定ページ編集画面のタイトルとパーマリンクの画像

サイトマップの固定ページ作成時のテキスト選択画像

サイトマップの固定ページ作成時のコード記入場所の拡大図

 

そして…

記載するコードはこちら!

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

※この表示コードは、「設定」から「PS Auto Sitemap」をクリックして表示される設定画面の一番下でも、確認することができます。

PSAUTOMAPのサイトマップ表示コード

ここに注意

PS Auto Sitemapの表示コードは、「テキスト形式」の本文に記入すること。

様々な設定や、記事を書く上で、今後も出会う”コード”というのは必ず「テキスト」のほうに記入しないと機能しないので注意してください。

最後に、固定ページがしっかり作成できたかを「固定ページ一覧」に「サイトマップ」が表示されいるか確認をして、この画面で「サイトマップ」のIDをメモします!

固定ページ一覧の中のサイトマップの確認全体図

拡大図

固定ページ一覧の中のサイトマップの表示確認拡大図

固定ページ一覧でのサイトマップのID拡大図

ノコ
私のブログでは「54」となっていますね。ここの数字をメモします。

これで、サイトマップが固定ページに表示されるようにする準備ができました。

PS Auto Sitemapの設定

ここまでで設定の前準備がすんだので、いよいよ、プラグインPS Auto Sitemapの設定をしていきましょう。

ワードプレス管理画面左「設定」から「PS Auto Sitemap」をクリック。

設定からPSAUTOを選ぶ画面

そうすると、PS Auto Sitemapの設定画面が表示されます。

PSAUTOMAPの設定画面

  • 「投稿リストの出力」 ⇒ 必ずチェックする
  • 「サイトマップを表示する記事」 ⇒ メモしたIDを記入
  • 「出力階層」 ⇒ 制限なしでOK
  • 「先に出力するリスト」 ⇒ どちらでもOK
  • 「カテゴリーと投稿の表示」 ⇒ 同一マップ内を選択
  • 「スタイルの変更」 ⇒ 好きなものを選択
  • 「キャッシュの使用」 ⇒ チェックしない

に必要事項を、記入・選択、チェックの確認をして、設定を整えます。

ここに注意

キャッシュ系のプラグインを入れている場合、「キャッシュの使用」にチェックを入れてしまうと、プラグイン同士が干渉してしまいます

ノコ
こちらのブログでは、キャッシュ系のプラグイン「WP Fastest Cache」を入れているので、チェックを外してあるよ。

「スタイルの変更」で選べるデザインは全部で13種類。(テーマ:アフィンガー5)

サイトマップ シンプル

シンプル

サイトマップ シンプル2

シンプル2

サイトマップ「チェックリスト」の表示

チェックリスト

サイトマップ「蛍光ペン」の表示

蛍光ペン

サイトマップ「ドキュメントツリー」の表示画像

ドキュメントツリー

サイトマップ「付箋」の表示画像

付箋

サイトマップ「音譜」表示画像

音譜

サイトマップ「矢印」表示画像

矢印

サイトマップ「ビジネス」表示画像

ビジネス

サイトマップ「索引」表示画像

索引

サイトマップ「アーバン」表示画像

アーバン

サイトマップ「アンダースコア」表示画像

アンダースコア

サイトマップ「キューブ」表示画像

キューブ

少しずつデザインが異なるので、

お好みで選択してくださいね。

色については外観デザインの色の設定によって

個々で多少変わってくるかと思います。

最後に「変更を保存」をクリック

これで、プラグインPS Auto Sitemapの設定は完了しました。

ただ、このままでは、ユーザーは「サイトマップ」自体がどこにあるのかがわからず、意味を成しません。

ノコ
最後に、作った固定ページ「サイトマップ」を、トップページのヘッダーメニュー(グローバルメニュー)に設置しよう。

固定ページ「サイトマップ」のヘッダーメニューへの設置

ヘッダーメニューへの設置

固定ページの「サイトマップ」をトップページのヘッダーメニュー(グローバルメニュー)に表示させるには、ワードプレスの「メニュー」の設定をしていくことになります。

「サイトマップ」をトップページのヘッダーメニューへ設置する流れはこちら!

  1. ワードプレス管理画面「外観」より「メニュー」をクリック
  2. 「ヘッダーメニュー」を選択
  3. 左側の固定ページ一覧の中の「サイトマップ」にチェック
  4. 「メニューの追加」をクリック

この4ステップです。

外観よりメニューを選びます。

外観からメニューを選択する画像

メニューを編集の全体図

拡大図

メニューの編集画面の手順1-3拡大図

メニューの編集画面の「変更を保存」ボタンの拡大図

無事にメニューへの追加ができたら、このようにトップページのヘッダーメニューに「サイトマップ」が表示されます。

サイトマップのヘッダーメニューの表示画面

これで、ブログを訪れたユーザーは、トップページから「サイトマップ」にたどり着くことができ、そこで自分の読みたい記事を探すことができます。

ノコ
サイトマップはブログには必須のものなので、プラグインPS Auto Sitemapをインストールしたらすぐに設定と、ヘッダーメニューへの固定ページ「サイトマップ」設置までを済ませよう。

 

まとめ

プラグインPS Auto Sitemapは、ユーザー向けのサイトマップが自動で作れる便利なプラグインです。

サイトマップには2種類あり、ひとつはGoogleなどの検索エンジンが読み込めるようなXMLサイトマップ、もうひとつはブログを訪れたユーザーがブログの中で迷子にならないようにするHTMLサイトマップです。

プラグインPS Auto Sitemapで作ることができるサイトマップは後者の「ブログを訪れたユーザーがブログの中で迷子にならないようにするHTMLサイトマップ」のこと。

ブログの継続とともに記事数が増えていくにつれ、サイトマップの必要性も高まります。

プラグインをインストールしたら、すぐにしっかり設定までを済ませ、来てくれたユーザーがブログの中で迷子にならないようにしましょう。

ノコ
不明点はお気軽に相談してくださいね!

 

  • この記事を書いた人

ノコ

3人の子育てをしながら、まったくの知識ゼロの状態からブログをスタートして、今ではブログの先生もしているノコと申します。 ブログを始めようと決めたきっかけは、子供の夢を応援するために引っ越しをしたこと。 引っ越し後に再就職を考えたとき、「これからは子供と一緒の時間を大切にしたい!それが実現できる仕事をしたい!」という思いから、その条件を満たす仕事としてネットで見つけたのがブログでした。 その後ブログ開始から5か月でブログ総収益100万円を達成。 そして、現在はブログの情報発信とともにブログの先生として日々サポートに全力投球しています。 メルマガでは、主なアクセスがたった3記事の月でも月収10万円という実績もレポートにて配信中。 アドセンスに楽天アマゾンなどの物販アフィリエイトを組み合わせて効率よくブログを収益化することが得意なので、その方法についてもメルマガで随時お伝えしています。 メルマガはこちらから https://happynoco.com/1up/oneup-mailform/

-プラグイン

© 2021 はっぴーノコブログ Powered by AFFINGER5