アドセンス&アフィリエイト

楽天アフィリエイトの成果報酬の発生もとを確認!計測IDの設定と注意点&利用方法

楽天アフィリエイトの成果報酬の発生もとを計測IDで調べる

複数のサイトや記事に楽天アフィリエイトを使っていて成果が発生した場合、その成果報酬がどこから発生したのかということを確認して分析したいという場合があるかと思います。

やはり分析するには、できればサイトごとの成果報酬の確認はしたいところですよね。

そんな時に楽天アフィリエイトでは、サイトや記事ごとに分析できるような設定をすることができます。

ノコ
楽天アフィリエイトの成果がどこから発生したのかを計測するための設定と注意点、利用法をお伝えします。

楽天アフィリエイトの成果の発生を確認するための計測IDでわかること

楽天アフィリエイトの計測IDでわかること

楽天アフィリエイトは、楽天アカウントを作って楽天アフィリエイトにサイト情報を登録すれば、5分くらいですぐ開始することもできる便利なアフィリエイトサイト。

でも、サイト情報を複数登録しても、各サイトごとにアフィリエイトのリンクを作成できるようなシステムにはなっていないので、そのための設定をしないといったいどのサイトや記事から成果が発生したのかをみることができません。

どこから成果報酬が発生したのかを知りたいという時には、「計測ID」の設定をすることで発生元を計測することができます。

計測IDを設定するとどのような確認ができるかというと…

楽天アフィリエイトのレポートで、「注文明細」という項目をみると、計測ID別のグラフが表示されるようになるんです。

このグラフでわかることは、売り上げが発生した割合と件数、そして金額です。

ちなみに、IDを設定していないリンクは全て「その他」に分類されます。

ノコ
この割合がわかれば、どこからどのくらい成果報酬が発生しているのかもわかりますね。

楽天アフィリエイトの成果の発生を確認できる計測IDの設定方法

楽天アフィリエイトの計測IDの設定方法

この楽天アフィリエイトでの計測IDの設定方法はとっても簡単。

step
1
商品リンク作成画面を表示

楽天アフィリエイトのトップページで、通常通り商品を検索、もしくはURLで商品リンク作成画面を表示する

楽天アフィリエイト商品選択画面

step
2
計測IDに新規追加

挿入したい商品リンクを選び、右下の「計測ID」の「+」をクリック。

楽天アフィリエイト商品リンク作成画面

すると計測IDの新規追加画面になるので、

楽天アフィリエイトの計測ID新規追加

成果報酬の発生源を確認したいブログや、場合によっては記事名を入れ、「保存」をクリック。

step
3
商品リンクに計測IDを挿入

計測IDに新規追加できたら、商品リンク作成画面に戻る

すると、計測IDの選択項目にさきほど登録したブログの名前が選べるようになっているので、その中から、リンクの挿入先を選ぶ

楽天アフィリエイトの計測ID選択画面

選択すると、商品リンクコードの中に計測IDが挿入されます。

<計測なしの場合

楽天アフィリエイトの計測IDなし画面

計測IDを設定した場合

楽天アフィリエイトの計測IDのリンクへの挿入

そして、最後に通常通りリンクをコピーしてブログに貼ります。

「計測ID」の設定の流れは以上になります。

ノコ
やり方がわかれば簡単!でも、一回ずつ設定しないといけないので、ちょっと面倒ではあります。これ以外の方法は今のところないようなので、計測したい場合は楽天アフィリエイトの商品リンクを作るたびに一つずつ、地道に設定していきましょう。

楽天アフィリエイトで計測IDを設定するときの注意点

でも、楽天アフィリエイトで成果がどこから発生したのかを確認するために、計測IDをつける時には注意点もあります。

計測ID設定での注意点

  • 計測IDは20個しか設定できない
  • 短縮URLには計測IDが設定できない
  • 楽天アフィリ画面からのTwitter投稿(シェア)では計測IDが設定できない

この3つが、計測IDを使う時の注意点です。

Twitterに楽天アフィリエイトを貼り付ける方法は現時点で、「楽天アフィリ画面からTwitterに投稿」「ツイートに楽天アフィリの短縮リンクを貼り付けて投稿」の2つになるので、Twitterに楽天アフィリエイトを貼り付けた場合には計測IDがつけられないということになります。

また、過去に貼り付けた商品リンクについては、計測IDを挿入した商品リンクの作成を再度おこなって、ブログの商品リンクを差し替えないといけないのでちょっと大変です。。

ノコ
しっかり分析したい場合は、楽天アフィリエイトを始めたら早い段階で計測IDを設定していきましょう。

楽天アフィリエイトで成果報酬の発生が確認できる計測IDの利用方法

楽天アフィリエイトの計測IDの利用方法

設定しておけば、楽天アフィリエイトでの成果の発生元の割合が確認できる計測IDですが、どのように利用するかは、注意点も含めて考える必要があります。

まず、計測IDは20個までしか設定できないので、楽天アフィリエイトを貼るすべての記事にIDを設定して成果の発生元を追うことはできませんね。

なので、"どのように"この20個を割り当てるのかを考えれば、うまく計測IDを使うことができるかと思います。

Twitterに貼った楽天アフィリエイトの計測IDの設定はできないので、基本的にはブログに貼り付けた楽天アフィリエイトの成果の発生元を確認することに、計測IDを使うことになりますね。

なので…

計測ID利用例

  • 複数のサイトごとに計測IDを設定する
  • ブログのカテゴリーごとに計測IDを設定する
  • 特に計測したい記事に計測IDを割り振る
  • 商品のジャンルごとに計測IDを設定する

複数サイトを持っているという場合は、そのサイト別に計測IDを設定するのが一番シンプルです。

 

でもそれだと20個の計測IDを有効活用できず少しもったいないので、ブログカテゴリーや商品のジャンルごとに計測IDを設定すれば、より詳しい分析ができます。

また、アクセスが集まっている記事など、特別そこからどのくらいの楽天アフィリエイトの成果が発生しているのかを知りたい場合は、特に計測したい記事に計測IDを設定すると良いですね。

計測IDの設定を上手く使い、楽天アフィリエイトの成果の発生元の割合を確認して分析していきましょう。

ノコ
そこから成果をさらにアップさせるためのヒントが出てくるはずです。

まとめ

複数のサイトに楽天アフィリエイトを利用していても、成果報酬などのデータは一つにまとめられてしまいます。

その一つにまとまった楽天アフィリエイトの成果報酬は、計測IDを設定することで発生元の割合を確認することができます。

計測IDの設定は、「計測IDに測定したい項目を追加する」「商品リンク作成画面で設定したい計測IDを選ぶ」の簡単2ステップ。

その後は通常通りリンクをコピーして、記事に貼り付けるだけです。

でも、楽天アフィリエイトの計測IDを設定するときには注意点もあるので、そこに注意しながら上手く利用するのがおすすめ。

うまく利用するためのコツとしては、計測IDを設定できる上限が20個までということを考えること。

楽天アフィリエイトの計測ID機能をうまく使って分析できれば、ブログの収益アップにつなげていくことができるはずです。

ノコ
複数のサイトで使っていても、一つにまとまってしまう楽天アフィリエイトの成果報酬の分析をするのは、計測IDをうまく利用するのがポイントになります。データが集まらないと分析はできないので、早い段階で20個まで設定できる計測IDをどのようにふりわけるか考えて設定していきましょう。
  • この記事を書いた人

ノコ

3人の子育てをしながら、まったくの知識ゼロの状態からブログをスタートして、今ではブログの先生もしているノコと申します。 ブログを始めようと決めたきっかけは、子供の夢を応援するために引っ越しをしたこと。 引っ越し後に再就職を考えたとき、「これからは子供と一緒の時間を大切にしたい!それが実現できる仕事をしたい!」という思いから、その条件を満たす仕事としてネットで見つけたのがブログでした。 その後ブログ開始から5か月でブログ総収益100万円を達成。 そして、現在はブログの情報発信とともにブログの先生として日々サポートに全力投球しています。 メルマガでは、主なアクセスがたった3記事の月でも月収10万円という実績もレポートにて配信中。 アドセンスに楽天アマゾンなどの物販アフィリエイトを組み合わせて効率よくブログを収益化することが得意なので、その方法についてもメルマガで随時お伝えしています。 メルマガはこちらから https://happynoco.com/1up/oneup-mailform/

-アドセンス&アフィリエイト

© 2021 はっぴーノコブログ Powered by AFFINGER5