外注化

<ブログ記事外注失敗談>修正依頼が伝わらない!ライターへの修正回数と対応のコツ

それまでずっと一人で書いてきた記事を、外注でライターさんに頼むようになると、様々なトラブルや問題に直面します。

私も様々体験してきましたが、記事の修正依頼がなかなか伝わらない!ということも。

人と人とのやり取りになるので、一筋縄ではいかないブログの外注化。

ノコ
修正依頼が上手く伝わらないときにはどうすれば良いのか? ライターさんへのそれぞれの対応のコツを私の失敗体験とともにまとめていきます。

 

私が体験したブログ記事外注で
修正依頼がなかなか伝わらないライターさん

私が記事の外注で主に使っているのは、クラウドソーシングサイトの中で最大登録数をほこる「クラウドワークス」です。

>>> クラウドワークス

たくさんのライターさんも登録されており、わからない方への丁寧な対応もしているので、初心者でも安心して使えるクラウドソーシングサイトのひとつとなっています。

クラウドワークスでは、募集をかけるとほとんどの場合、すぐに応募が何件か入ります。

ノコ
さすが日本最大級のクラウドソーシングサイト。
本当にすぐに依頼する方がみつかるのでおすすめだよ。

私が初めて募集を出した時も、すぐに応募が来たので、ドキドキしながらまずは採用を決めるためのサンプル記事を書いていただきました。

後日すぐに送られてきたサンプル記事。

ある程度内容はまとまっていましたが、少し日本語がおかしいところがあったので、修正依頼をしたところすぐに修正に応じてくださいました。

日本語の件はちょっとひっかかりましたが、対応もスピーディだし、修正にも快く対応してくださったので、採用を決めました。

そしてさっそくやり取りをはじめます。

全部で10記事の依頼。

2記事目、3記事目と少しずつ納品された記事は、やっぱり少し直してほしい部分が・・。

そこで直してほしい箇所をすべて書き出して、修正依頼しましたが、修正内容が上手く伝わらない・・!

そして、同じことを何回伝えても伝わらず・・。

ノコ
しっかり伝えてるつもりなのに、伝わらず、この時はどうしたらよいものかと本当に途方にくれました。
そして、3回ほど修正依頼をしたときに、気づいたんです・・!

本当は一気に全部修正してほしいけど、、

このままじゃライターさんはもっとやる気をなくしてしまいそう・・。

少しずつ伝えて行かなきゃダメだ・・!

こちらの考える「理想の記事」を求めて、修正箇所すべてを一気に伝えたら、ライターさんはパニックになってしまいます。

 

ノコ
自分だったらどのように伝えてほしいか?考えてみると、どのように対応すればよいかが分かりますよ。
なるほど・・。
ポンポコ

 

ブログ記事を外注依頼したライターさんへの
修正依頼の回数

こちらの思う完璧な理想の記事を初回で書いてくれる方はほぼ100%いません。

外注費用を抑えて依頼した初心者ライターさんではなおさら・・。

初めは一度の修正依頼はほどほどにとどめて、少しずつ成長してもらうほうが、長く同じライターさんとお付き合いしていくためには良い方法なのです。

なので、一度の修正回数はほどほどに・・

例えば、1記事につき3回までと自分の中で決めておくのがおススメです。

ノコ
回数を決めておけば、こちらもしっかりその回数内で伝えようと考えられるし、ライターさんにも必要以上の負担をかけずに伝えることが出来るよ!
何度も「直せ、直せ。」と一方的に言われちゃうと嫌になっちゃうもんね・・。
ポンポコ

そして、徐々に成長してもらったライターさんと末永く取引できれば、新しいライターさんを教育する手間は省け、その分スムーズに外注が継続できるということに結局はつながるということです。

ちなみに・・・

先ほどの修正依頼が上手く伝わらないライターさんにも、その後、修正依頼を少しずつ出していきました。

そして、ライターさんも、その依頼ごとに修正に応じてくれて、今ではほとんど修正せずに納品してもらえるようになりました!

そっか。少しずつなら、伝わりやすいし、次の記事に訂正された箇所に注意して書いてもらいやすいね!
ポンポコ
ノコ
そうそう。やっぱりいっぺんにいろんなことを言われちゃうと、パニックになっちゃうよね。
もちろん!

ベテランのライターさんなら、だいたいの流れが分かっており、最初にしっかりお伝えすることでスムーズにやり取りが進む場合もあります!

そこは、ライターさんの経験や力量を考えながら、こちらのさじ加減を変えて行くと良いと思います。

 

外注さんにうまく修正してもらえた解決法の具体例

「外注のライターさんへの修正依頼は1記事で3回くらいまでにした方がよいですよ。」
「特に初心者のライターさんにはいきなりいっぺんに伝えない方が良いですよ。」

と、お伝えしてきました。

具体的にどのように修正してもらったかというと・・

  1. (語尾がです・ます調になっていない)
    記事の中の文章は、全て「です・ます調」にして下さい。
    ブログ全体で統一しているので、よろしくお願いいたします。
  2. (見出しのすぐ後に導入文がない)
    見出しのすぐ後に導入部分の文章を、自分の経験や言葉を交えて200文字ほど入れてくれませんか?
    導入文があることで、記事を読んでくれる方がそのあとの文章に進みやすくなります。
  3. (コピペしたような文章になっている)
    記事の中盤、○○部分を、もう少しオリジナルな文章に直してほしいです。もし難しい場合は、ツイッターなどで体験した方のつぶやきなどを調べて参考にしてみて下さい。

など、修正の理由ややり方や具体的な文字数も伝えるとライターさんも不安になりません。

また、それぞれの修正依頼も「○○日までに」と日にちを伝えるとやり取りがスムーズになります。

そして、直してもらったら、感謝の気持ちをすぐに伝え、「上手く書けています。バッチリです!」と褒めるようにしています。

ノコ
自分だったらどんな風に伝えてもらったらわかりやすいか? 考えながら伝えていくと、お互いにストレスの少ない関係で、末永くお付き合いできます!

 

外注化のネタやキーワード選びの記事はこちら

トレンドアフィリ記事の外注化で大事なネタ&キーワード選び!選ぶべき内容は?

 

まとめ

特に初心者のライターさんに依頼する場合、経験がなく、記事の書き方がまだわからないという方がほとんどです。

修正依頼も一気に完璧を求めてしまうと上手くいきません。

こちらの求める理想の記事を書いてもらえるようにするには、少しずつ成長してもらうのが結局一番の近道です。

修正依頼をお願いする時は、「一記事につき3回までにする」など、ルールを決めておくとスムーズにやり取りできます。

ノコ
ブログ記事の外注化。人と人とのやり取りの基本は思いやりです。もちろんしっかり伝えなければならない部分もありますが、末永くお付き合いするうえで、相手の立場に立って考えることも必要になってきます。
  • この記事を書いた人

ノコ

3人の子育てをしながら、まったくの知識ゼロの状態からブログをスタートして、今ではブログの先生もしているノコと申します。 ブログを始めようと決めたきっかけは、子供の夢を応援するために引っ越しをしたこと。 引っ越し後に再就職を考えたとき、「これからは子供と一緒の時間を大切にしたい!それが実現できる仕事をしたい!」という思いから、その条件を満たす仕事としてネットで見つけたのがブログでした。 その後ブログ開始から5か月でブログ総収益100万円を達成。 そして、現在はブログの情報発信とともにブログの先生として日々サポートに全力投球しています。 メルマガでは、主なアクセスがたった3記事の月でも月収10万円という実績もレポートにて配信中。 アドセンスに楽天アマゾンなどの物販アフィリエイトを組み合わせて効率よくブログを収益化することが得意なので、その方法についてもメルマガで随時お伝えしています。 メルマガはこちらから https://happynoco.com/1up/oneup-mailform/

-外注化

© 2021 はっぴーノコブログ Powered by AFFINGER5