プラグイン

プラグインBackWPupの自動バックアップの設定!今すぐ実行する方法も確認しておこう

BackWPup自動バックアップ設定

ワードプレスのデータベースやファイルのバックアップをしてくれるプラグイン「BackWPup」。

定期的に自動でバックアップすることができ、そのスケジュール設定も自由にできるすぐれものです。

画像ファイルや記事、プラグインまでもすべてのバックアップをすることができるので、記事を書く前にインストール必須のプラグインです。

では、このプラグインはどのように使えば良いのでしょうか?

ノコ
こちらでは、BackWPupの設定方法や導入後のバックアップ方法をお伝えしていくよ!

BackWPupのインストールと自動バックアップ設定の流れ

BackWPupインストール

BackWPupのインストールの仕方はとっても簡単。

  1. ワードプレスのプラグイン画面で新規追加をクリック
    プラグイン 新規追加
  2. 「BackWPup」を検索
  3. 「BackWPup」を見つけて有効化
    プラグイン検索画面BackWPup

この3ステップだけ!

ですが・・・

BackWPupは、有効化しただけでは、自動でバックアップしてくれないんです。

その後の設定がとっても大事

設定によって、自分の思うようにバックアップの範囲や時間を決めることができるので、有効化したらすぐに設定も済ませてしまいましょう。

「BackWPup」の設定の手順はこちら

  1. ワードプレスの管理画面の左側、下の方の「BackWPup」をクリック。
  2. 「新規ジョブを追加」を選択
  3. サーバーの自動バックアップの設定をする
  4. 1.2を繰り返し、データベースの自動バックアップの設定をする

このようにサーバーのバックアップとデータベースのバックアップと2つのバックアップの設定が必要です。

なんで?
ポンポコ
ノコ
それはワードプレスが”動的ページ”だからだよ。

Webには、”動的ページ”と“静的ページ”の2つのタイプがあります。

静的ページは、サーバーのデータだけのバックアップで大丈夫なのですが、動的ページはサーバーとデータベースに分かれてデータが存在しているので、両方のバックアップを取らないといけないのです。

動的ページはバックアップするという面では複雑ですが、静的ページとは異なり、ユーザーのアクセスがあった時ごとに最新情報を表示することができ、ユーザー1人1人に異なる情報を表示させることができます。

ユーザーのコメントが書き込め、その内容をすぐに反映させたいブログには、動的ページが最適なのです。

ノコ
では、サーバーの自動バックアップとデータベースの自動バックアップの設定方法をそれぞれ詳しく見ていくよ。

サーバーの自動バックアップの設定

ワードプレスの管理画面「BackWPup」から「新規ジョブを追加」をクリックして、「一般」「予約投稿(スケジュール)」「ファイル」「フォルダ」と4つのタブをそれぞれ設定していきます。

backwpup新規ジョブ追加

※”ジョブ”というのは、言い換えれば「設定プラン」のことで、複数のジョブを様々なプランで作ることができるようになっています。

<一般>

  1. 「このジョブの名前」⇒ 分かりやすい名前を入力
  2. 「このジョブは・・」⇒ 「ファイルのバックアップ」にチェックをつける
    BackWPupファイルバックアップ ジョブ名
  3. バックアップファイルの作成の「アーカイブ名」⇒ デフォルトのままにするBackWPup一般設定 アーカイブ名
  4. 「アーカイブ形式」⇒ Windowsは「Zip形式」を、Macは「TarGZip形式」にチェックを入れる
  5. 「バックアップファイルの保存方法」⇒ 「フォルダーへバックアップ」にチェックするBackWPup一般設定 アーカイブ形式
  6. 「ログの送信先メールアドレス」と「メールの送信元」⇒ デフォルトのままにする
  7. 「ジョブの実行中にエラーが出た場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れるBackWPup一般設定 ログファイル
ノコ
「ジョブの名前」のところは、ノコブログでは、「ファイルのバックアップ」としてあるよ。自分がわかれば大丈夫!

<予約投稿(スケジュール)>

  1. 「ジョブの開始方法」は「WordPress の cron」にチェック
  2. 「スケジューラーの種類」は「基本」でデフォルトのままBackWPupファイルバックアップ 予約
  3. 「スケジューラー」については週1回でアクセスの少ない時間帯にすればOK
    BackWPupファイル 予約 スケジューラー

※WordPress の cronとは、設定したスケジュール通りに仕事を実行する機能のこと

<ファイル>

全てデフォルトのままでOK。

BackWPupファイル ファイル①

cache(キャッシュ)はバックアップしなくても良いので、もしチェックが入っていなかったら除外するためにチェックします。

BackWPupファイル ファイル テーマ

使っていないテーマも除外してもOKです。

BackWPupファイル ファイルプラグイン

プラグインは、デフォルトでbackwpupにチェックが入っているはずです。

もし入っていなかったら、チェックしてね。

BackWPupファイル ファイル バックアップから除外

ノコ
写真の通りチェックがついているか確認してね。

<宛先:フォルダ>

  1. 「バックアップを格納するフォルダー」にフォルダー名を入力(わかりやすいものにする)
  2. 「ファイルを削除」では、「12」を入力BackWPupファイル フォルダー

1のフォルダー名は、わかりやすい名前を付けます。

私の場合は、「/home/happynoco.com/public_html/wp-content/uploads/file-backup/」というフォルダー名にしてあるよ。

デフォルトでは「uploads~」から始まるものがつけられているけど、「/home/happynoco.com/public_html/wp-content/uploads/~」とすることで、公開フォルダよりも上の階層に保存することができるので、安心です!

2で「12」とするのは、およそ3か月分のデータを保存するためです。(1か月を4週間とする)

最後に「変更を保存」をクリックしてください。

ノコ
これでサーバーの自動バックアップの設定ができたよ!

最後に設定がきちんとできたのか、確認して下さい。

きちんとバックアップされてないと困るもんね。
ポンポコ
  1. 「今すぐ実行」をクリック
  2. 「ジョブ完了」したら、そのバックアップを確認する
  3. 管理画面の「BackWPup」から「バックアップ」を選択
    BackWPupバックアップ選択
  4. 実行されたバックアップのファイルが表示されるので、ファイル名にカーソルを当て、ダウンロードをクリック
  5. ダウンロードしたファイルを開いてフォルダが表示されるか確認
フォルダが確認できれば、きちんと設定できたということがわかるということだね。
ポンポコ

データベースの自動バックアップの設定

次にデータベースの自動バックアップの設定ですが、こちらもサーバーの自動バックアップの時と同じような流れになります。

<一般>

  1. 「このジョブの名前」には、分かりやすい名前を入力
  2. 「このジョブは・・」では、「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックをつける
    BackWPupデータベースのバックアップ一般設定ジョブ名
  3. バックアップファイルの作成の「アーカイブ名」はデフォルトのままにする
    BackWPup一般設定 アーカイブ名
  4. 「アーカイブ形式」は、Windowsは「Zip形式」を、Macは「TarGZip形式」にチェックを入れる
  5. 「バックアップファイルの保存方法」は「フォルダーへバックアップ」にチェックするBackWPup一般設定 アーカイブ形式
  6. 「ログの送信先メールアドレス」と「メールの送信元」はデフォルトのままにする
  7. 「ジョブの実行中にエラーが出た場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れる
    BackWPup一般設定 ログファイル
ノコ
私の場合、こちらのジョブ名は「データベースのバックアップ」だよ。

<スケジュール>

  1. 「ジョブの開始方法」は「WordPress の cron」にチェック
  2. 「スケジューラーの種類」は「基本」でデフォルトのままBackWPup予約設定
  3. 「スケジューラー」については毎日でアクセスの少ない時間帯にすればOK

<DBバックアップ>

  1. 「バックアップするテーブル」では全てにチェックを入れる
  2. 「バックアップファイル名」はデフォルトのまま
  3. 「バックアップフファイルの圧縮」もGZipでデフォルトのまま
    ackWPupDBバックアップ

 

<プラグイン>

  1. 「ファイル名」はデフォルトのままでOK
  2. 「ファイルの圧縮」はファイル自体がとても小さいので「なし」でOKBackWPupプラグイン

 

<宛先:フォルダー>

  1. 「バックアップを格納するフォルダ名」にわかりやすいフォルダ名を入力する
  2. 「ファイルを削除」では、「30」を入力BackWPupデータベース フォルダー

※「30」としたのは、1か月分のデータを保存するため

私の場合は、「/home/happynoco.com/public_html/wp-content/uploads/datebase-backup/」にしてあります。

ノコ
最後に「変更を保存」をクリックを忘れずにね!

そして、サーバーの自動バックアップの設定の時と同じように、最後に設定がきちんとできたのか、確認してね。

確認方法はこちら!

  1. 「今すぐ実行」をクリック
  2. しばらくして「ジョブ完了」となるので、そのバックアップを確認する
  3. 管理画面の「BackWPup」から「バックアップ」を選択
  4. 実行されたバックアップのファイルが表示されるので、ファイル名にカーソルを当て、ダウンロードをクリック
  5. ダウンロードしたファイルを開いてみて、フォルダが表示されるか確認

ワードプレス更新前には今すぐバックアップしよう!BackWPupでのやり方

BackWPup今すぐバックアップ (1)

BackWPupの自動バックアップは設定できたので、これで定期的なバックアップについては心配ありません。

でも、ワードプレスのアップデート時には、アップデートする前にバックアップしておくと安心。

ノコ
ワードプレスのアップデートで何かトラブルが起こったときに、直前にバックアップしてあれば、そのデータで復元できるからね!

なので、スケジュールされた時間以外に、すぐにバックアップを取りたいときの方法も確認しておこう。

  1. ワードプレス管理画面の左側「BackWPup」から「ジョブ」を選ぶと、設定したジョブの一覧が出てきます。
    BackWPup ジョブ選択
  2. それぞれのジョブにカーソルを合わせ、「今すぐ実行」をクリック。
    BackWPup今すぐ実行
  3. するとバックアップが開始されます。
  4. バックアップが完了したら、そのデータは「BackWPup」の「バックアップ」という項目から確認することができます。
    BackWPupバックアップ選択

そして、ここからダウンロードもできるので、ダウンロードしてパソコンに保存しておくことができます。

ブログで作り上げたものはあなたの大事な資産。

ノコ
しっかり定期的に、そして、必要な時にはこまめにバックアップして、「大切なデータが消えてしまった!」ということにならないように、備えていきましょう。

まとめ

「BackWPup」は、ワードプレスのデータを丸ごと保存できる素晴らしいプラグインです。

でも、きちんと最初に設定しないと、有効化しただけでは、バックアップは取れません!

動的データであるワードプレスのバックアップには、サーバーのバックアップと、データベースのバックアップの2つのバックアップが必要。

インストール後、すぐに有効化して、2つの自動バックアップの設定までを一気に済ませましょう。

ノコ
大切なブログのデータを守るためにも、忘れずに「BackWPup」の設定をしてね。

 

  • この記事を書いた人

ノコ

3人の子育てをしながら、まったくの知識ゼロの状態からブログをスタートして、今ではブログの先生もしているノコと申します。 ブログを始めようと決めたきっかけは、子供の夢を応援するために引っ越しをしたこと。 引っ越し後に再就職を考えたとき、「これからは子供と一緒の時間を大切にしたい!それが実現できる仕事をしたい!」という思いから、その条件を満たす仕事としてネットで見つけたのがブログでした。 その後ブログ開始から5か月でブログ総収益100万円を達成。 そして、現在はブログの情報発信とともにブログの先生として日々サポートに全力投球しています。 メルマガでは、主なアクセスがたった3記事の月でも月収10万円という実績もレポートにて配信中。 アドセンスに楽天アマゾンなどの物販アフィリエイトを組み合わせて効率よくブログを収益化することが得意なので、その方法についてもメルマガで随時お伝えしています。 メルマガはこちらから https://happynoco.com/1up/oneup-mailform/

-プラグイン

© 2021 はっぴーノコブログ Powered by AFFINGER5